引っ越しは物が大問題だと気付かされた瞬間でした。

結婚していづれお金が貯まったら一戸建てに住もうと2人で計画して団地に住んでいました。私の住まいはとにかく100円均一の多い町で、昨今の100円商品も品数の多さと商品の質の良さにあれよあれよと買ってしまう事が少なくありませんでした。
また私と旦那共にですが趣味が物が増えるものばかりというのも引っ越し時考えさせられた事でした、私は絵、読書が趣味。夫は写真、カメラの機材などドコドコ増えて行きました。
そして気付いた事。引っ越しする前に物が増え過ぎて段ボールに詰める前に捨てる事を考えさせられました。
本はもう2度と読まないのは纏めてブックオフへCDも全て処分致しました。問題は描いた絵です。中には投稿して入賞した物もあります。これらを捨てるのはと心が痛みました。
ですがこれを処分しない限り次の家へ行っても同じ様なごちゃごちゃが続くだけだと思い、データーとして保存。そして捨てる事にしました。
あと女性なら悩みどころなのは洋服などのファッションでは無いでしょうか。私はコートや靴など数年使っていないけど高い値段で買ってしまった物などありました。これらをどうするべきか非常に悩みました。

 

そんな時に「物はいらない物から捨てるから減らない、良いものを人にあげればあとは直ぐに減って行く」と 言う言葉を所ジョージさんが言っていたと思います。引っ越し不要品を特集したサイトなどもあるくらいです。それでブランド靴を2回程しか使用していない物ですが私と体格が似た人にあげました。

 

 

それからなんかもういいやという感覚が出て来て次第にどんどん物を捨てれる様になりました。
夫の持ち物は生憎、人の物なので手には出せませんでしたが、自分の持ち物だけでどれだけ場所を占拠していたんだと思うとぞっとします。
また引っ越しは非常に体力のいる作業です。これから先新しい家でどういう風にすごしたいかと問いかけられる作業でもありました。
引っ越し業者に頼む事も無く、自分たちで少しずつ物を運ぶくらいの量になっていました。本当に引っ越しをする上で一番苦労させられるのは物問題です。
物捨ての技術を身に付けてから引っ越し準備をされる事をオススメいたします。

 


提供:近距離引越し格安